小売店

正月のゆうき八百屋の年賀状がとても良かった
抜粋ですが自然食品店が無形文化財となってさえ街に残り生き活きと活動していきたいと
魚屋も駄菓子屋も無形文化財だなと思う
後世に残って欲しい
昨日は大岡山の魚屋で弁当用の鰤としめ鯖用に1000円の鯖を3枚におろしてもらった
しめ鯖はこれで400円分、自家製は安くて美味い

本山葵と鳥取太田酒造のべんてんむすめ山田錦80%の熱燗が抜群の休日
孔太とサイクリングしていたら大岡山の普段通らない道に駄菓子屋を発見


大人から見ると子供に食べさせたくない物ばかりだが昔からある駄菓子には美学があるように思う
麩菓子、黒棒、きなこ飴やあんこ玉、紐がついた当たりつきの飴、カラフルなパラフィン紙に包まれたラムネなど
小学生の頃、亀戸2丁目の浅野駄菓子店で誰よりも駄菓子を食べて育ったと思う
駄菓子屋は自宅でやっても商売にはならないだろう
魚屋はやりようによっては可能性有りだ
今年、鮨アカデミーに通おうと思ってましたが、3月までに退社するスタッフが数人いて、人材が中々決まらないのと毎週日曜日はいくつか予定を入れてしまったので無理があった
人手が定まったらGAIAの仕事を減らして築地で働くのも手だ
代々木上原で魚屋さんがやりたい
商売にならないのか?
夜御飯に昨日よりも酢に浸かったしめ鯖で海苔巻き3本「おいしい」を連発で食べてくれた

嬉しい休日締めくくり

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>