愛知旅

新幹線こだまで三河安城駅へ
レンタカーで碧南市杉松製陶に行ってきました
15年以上前にスタッフだった吉成が仕入れに行って車一杯積んできた
その残りが2ケ現役である
どういう経緯でこの七輪を選んだか記憶に無いがその目は間違いなかった

作っている人が良い
それに尽きると思えた
4代目?杉浦さん

築100年位の建物
地震がおきないことを祈る

焼く前の状態



GAIAネットで6200円の七輪と正方形、長方形の七輪も扱うか?これから検討します

これが上置き、土鍋ものせれます
遠火になるので魚がこれまで以上にうまく焼けるから楽しみで仕方ない

珪藻土をプレスした中身の部分

焼いた後
珪藻土プレスを中に入れて粘土でくっつけます

乾かしている珪藻土プレス
商売繁盛のようで欠品する場合もあります
年間で100~200売れたら良いなあと話してきました

ここからは遊び
趣味の道の駅巡りを2件して宿泊場所蒲郡クラシックホテルへ
高くなくとても居心地良いホテルでした

竹島にも行って孔太はヤドカリと1時間以上たわむれてました


ホテルで夕食はせず近くの寿司屋へ
ホテルからタクシーで1000円
シュールな光景だった

愛知県を紹介する本で見つけた「登り寿司」90歳のおばあちゃんが握る寿司、60歳?位の娘さんと2人で切り盛りする
カウンター7席
この日の客はうちらの3人だけ
最初は緊張感があったが次第にほどけていき、銚子5本飲んでとても良い時間を過ごせた
握りも美味しかったし、心地よい会話と知らない街に来てる充実感
一期一会だ
やはり小さい店が好きだなあ
もう一度行きたいと思わせてくれた
良心的なお会計、コストパフォーマンスは飲食店の大きな要素だ
帰りは20分くらいかけて歩いてホテルの2階のBARアゼリアへ
誰もいない、スタッフも・・・
貸し切りとても気分良し


ワインクーラーにたっぷりの氷
冷えた白ワインで極上の夜でした

朝食はフレンチのメインダイニングで
ホテルはこういう雰囲気の中で食事が心地よい
ホテル出て、すぐ近くに竹島水族館があるので行ってきた
外見は寂れた水族館だが中に入るとお客さんで一杯です
えいやでかいやどかりを子供達にさわらせる

さわりんぷーるや水槽が子供目線の高さにしてある
全ての魚、貝、生き物に各スタッフがPOPを書いている

ヴィレッジヴァンガードもそうだがPOP力はこの時代でも重要だ
御茶ノ水GAIAも代々木上原GAIAも全商品に独自POPをつけようと強く思った



ラストに海水浴場に行きふりちんで楽しく遊ぶ孔太
良い愛知旅でした

杉松製陶の七輪は10月初旬
土佐備長炭は11月中旬より取り扱いを開始する予定です
新米が10月に出てきます
炊飯器も取扱始めます
今まかないで使っていますが玄米がとても美味く炊けます
秋は楽しみが多いなあ

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>